ライセンス級別テスト(詳細)

モデルロケットを打ち上げるには、ライセンスが必要。ライセンスには第1級から第4級ま
であり、所持しているライセンスにより取り扱えるエンジンが違う。

第4級 : A型 ~ C型エンジン
第3級 : A型 ~ G型エンジン
第2級 : A型 ~ I型エンジン
第1級 : A型 ~ J型エンジン
4 級ライセンスの取得
原則として、指導講師の資格所持者から講座(宇宙工学基礎、法令)と実技(安全な打ち上
げ)を受講することが必要。講習会を受講することが難しい場合は、打ち上げ実績による取
得(下の②を参照)がある。
①講習会を受講してライセンスを取得
(ア) 特定非営利活動法人 日本モデルロケット協会主催の講習会を受講する。

(イ) 教育委員会、学校、認定クラブ等々が主催する講習会を受講する。実施日程など
は講習会主催者まで。
(ウ) 指導講師を招いて講習を受ける。
指導講師の方がわからない、協会から講師を派遣して欲しいとお考えの方は、当協
会までご相談を。
②打ち上げ実績による第4級ライセンスの取得
協会の講習会を受講することが難しい方(講習会場まで遠い、受講する時間がとれない等)
は、講習を受講することに代えて、打ち上げ実績による取得がある。下の①~③を熟読し
てロケット工学と安全なロケットの打ち上げ方を学び、かつ安全にロケットを打ち上げ
る実習を行う。安全な打ち上げとは、ロケットの打ち上げから、パラシュートが上空で開
いて地上値着地し回収するまでを指す。
①日本モデルロケット協会案内を熟読する。
②モデルロケットライセンスの取得方法を熟読する。
③「ロケットをとばそう!」第4級テキストを熟読する。
④モデルロケットの安全な打ち上げ実習3回以上の体験。
第3級ライセンスの取得
(1) 取得条件
モデルロケット打ち上げ第3級ライセンスはA~Cエンジンに加えてD~G型エンジン
の取り扱いが可能。(火薬量 20gを超えるエンジンの購入・打ち上げには、第3級ライセ
ンスの他に都道府県知事の火薬類譲受消費許可証が必要)
なお、第3級ライセンスの取得には第4級ライセンスを所持していることが条件。
(2) 取得方法
第3級ライセンスを取得するまでの流れ
① 試験用紙の請求
② 解答
③ 解答用紙返送(80点以上なら)
④ 登録申請用紙受領
⑤ 登録申請
⑥ 第3級ライセンス発給
(注) 第3級ライセンスを取得する試験は自宅で受験することになります。自宅で受験
した後、解答用紙を日本モデルロケット協会に送付のこと。
指導講師ライセンス
(1) ライセンスの取得方法
第3級以上のライセンスを所持されている方が受講可能。指導講師ライセンスを取得す
るには、日本モデルロケット協会が主催する講習会を受講するか、または教育委員会等が
主催する指導講師ライセンスを取得することを目的とした講習会を受講し、学科テスト
と実技テストに合格することが求められている。
(2)ライセンスを取得すると
指導講師ライセンスを取得すると、これからライセンスを取得しようとしている方々に
協会が示す課程に則して教えることができる。教えられた方は全員が第4級ライセンス
を取得することができまる。指導講師の方から講習を受けた方は、当協会に講習会の修了
証等講習会を修了したことが確認できる書類を添えて履修証と登録費を提出することに
より第4級ライセンスが発給される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る